標識

レジャーが楽しめる

運転免許合宿に参加する目的は、もちろん運転免許を取得することですが、それ以外にもレジャーを楽しむという目的もあります。観光地近くの教習所では、休みの空いた時間に観光をすることができたり、海水浴や温泉、グルメなども楽しめます。

女性

合宿にかかるお金

通学と比べると免許合宿の方が、格安です、ホテル代や宿泊費、交通費、授業料、食事代がかかるにも関わらず、安い料金です、通学と比べると、免許合宿は短期間で卒業をしてくれ、また新しい入校生を迎えることができるのでコストがかからず安くできるのです。

女性

船の免許の主な特徴

船舶免許を持つと船を操船する事が可能なことから、海、あるいは湖に出掛ける局面がたくさんある人には最適といえます。ただし、船舶免許には様々な種類がありますので、その特徴をしっかりと理解することが重要になります。

バイク

通学や通勤に便利

バイクの運転免許を持っていると、通学や通勤時に役立つことがあります。車よりも小回りが利くところが便利です。また、一人で行動をすることの多い人に適しています。ただし、種類はいろいろあるため、自身に合うタイプを選択しましょう。

教習所

参加申し込みの方法

運転免許合宿は、教習所が決まったら電話またはWEBで申込みができます。空き状況によっては希望日に予約できないこともあるので、早めに申込みをすることです。合宿に参加する際には、必要なものが多数あるので忘れないようにすることです。

小型・普通・大型等が存在

バイク

短期で取得できる二輪資格

日本におけるバイク(二輪)免許は、小型限定普通二輪・普通二輪・大型二輪等に分かれており、各免許にはオートマチック免許のみが運転出来るAT限定免許も存在します。50CC未満の原付の運転に関しては、普通自動車運転免許を取得すれば自動的に運転が可能で、原付のみの免許取得(適性試験・学科試験・講習後に取得可能)も出来ます。小型・普通・大型の各バイクに関しては教習所での技能と学科の各教習を受ける必要があるので、公安委員会が指定した自動車教習所に入校するのが一般的です。なお、各都道府県の免許センター内で実施される一発試験(学科と技能試験)と呼ばれる方法でも取得可能です。教習所の学科と技能の教習は、排気量が増えるほどに教習時間が増え、技能教習に関しては基本動作の1段階・応用編の2段階に分かれています。例として、免許なし普通二輪の場合の教習時間は技能が19時間・学科が26時間です。普通と大型のバイクは技能教習の時間が長い点が特徴ですが、それは車と同様に様々な課題をこなす必要があるからです。代表的な課題は、一本橋・坂道発進・急制動等がありますが、教官の指示通りに運転すれば確実に次の教習に進めるので、運転のコツをしっかりと聞いてから教習に臨みましょう。普通二輪と大型二輪のバイク教習は、一般的な教習所で受けられるのはもちろんですが、遠方から入学する学生がメインの合宿教習所も存在します。合宿教習は、仮に技能教習で次に進めない場合であっても無料で延長できるオプションが付いている事が多いので、技能が不安な方は有効活用しましょう。

Copyright© 2018 教習を受けてバイク免許取得を目指せ【無料で延長できるオプション】 All Rights Reserved.